トップページ←→元祖【星空の連帯】 ★このページ以下はコピーフリーです

【星空の連帯】地球まるごとプラネタリウム 

みんな、それぞれの場所で
 決まった時間に、同時に
  星空を、1分間だけ、見あげよう
             そして、 #星空の連帯 で、報告しよう

■参加方法

 決まった時間に、空を見上げ星を観察します。
 そして「見えた」「こうだった」「どこそこでは雲ー!(見えないのも観察!)」などをSNSで報告しましょう。

 Twitter ハッシュタグ  #星空の連帯 をつけてつぶやいてください。他のSNSやブログ、WEBサイト、もちろん歓迎!

hrokada.gif (1451 バイト)【星空の連帯】2020

---- 終了しました。3000人くらいがレポートつぶやきして頂いた様です。楽しかったねー。
   連休中くらいまでは、金星も月もよく見えます。時々見て見てくださいませね。

庭先やベランダから、金星と月の写真が撮影できた! 世界の人とシェアしませんか?

国境なき天文者団が、スマホなどで世界のベランダで撮影した
「金星と月の写真」を集めてリレー写真を作ろうと呼びかけてます。

26日と、27日撮影が対象。

https://sites.google.com/site/sekaiisseitenmoneventwg/gam

 

【星空の連帯】2020年4月 「三日月と金星を見よう」 観察ガイド

観察

  1. 金星と月を見つけよう
    西の空に見える三日月を探しましょう。
    そして、その上に、とてもとても明るく見える星が、金星です。
  2. 月のそばにアルデバランはあるかな?
    月の下に、赤っぽい、アルデバランという星があります。見えるかな? チェックしてみましょう。
  3. 金星の右上の星は? 左の星は?
    目立つ星を図にしました(アストロアーツ社ステラナビゲータ使用)。
    これは大阪での見え方で、九州や沖縄では、まだ空が明るく、ここまで見えないかもしれません(どんな風に見えるか!)でも、だんだん見えてきますよ。
  4. 2020年4月26日日曜日、夜7時30分の星空
  5. 双眼鏡があったら、ぜひ使って!
    双眼鏡で見ると、大きく見えるだけでなく、明るくみえ、色味などもわかりやすくなります。何より金星はキラキラしてさらにきれいですよ。試してみてください。そう、コンサート用、スポーツ観戦用を使えばいいんですよ。

報告

おまけの話

  1. 金星は、地球と同じくらいの大きさの惑星
    金星は惑星です。太陽をめぐる地球の仲間です。大きさも地球とほぼ同じくらい。ただ、表面は全て雲におおわれ、その下の様子は見えません。
  2. 三日月か三日月でないかそれが問題だ
    三日月というのは、昔の暦の考え方で、新月から三日目の月、という意味です。今月の新月(1日目)は4月23日でしたので、26日だと「三日目」ではなく「四日月」ということになります。
    ただ、今では、三日目だろうが四日目だろうが、あんな形の月を三日月といいますよね。それでいい様な気もします。今使っていない暦基準ですし。
    あと、新月は23日の午前11時だったのですが、日本ではないのですが、夕方で日付が変わるという暦もあり、すると23日の夕方ですで二日月だったり・・・ああ、ややこしい。
  3. 金星は、実は、月の様に満ち欠けしている。
    金星は、太陽の光を浴びてひかる惑星です。ですから、光が当たらない「夜」の部分は黒いのです。栃木県子ども総合科学館の望遠鏡で撮影した様子が、ガイド付きでレポートされていますよ
    ネット中継も行われます。
  4. 太陽と地球の間に金星が来ると、黒い部分だけが見えます。
    まあ、太陽の方を見ることになるので、みられませんけど。
    このNASAが公開したビデオでは太陽と金星が重なると、真っ黒な金星が太陽の前を通過する様子がみられますよ。

これ、書いているのだれ? 

渡部義弥と申します。公立のプラネタリウムの解説者で30年選手、某大学で非常勤講師です。

エトセトラ 

【星空の連帯】過去の記録は こちら