トップページ←→元祖【星空の連帯】 ★このページ以下はコピーフリーです

【星空の連帯】地球まるごとプラネタリウム 

みんな、それぞれの場所で
 決まった時間に、同時に
  星空を、1分間だけ、見あげよう
          そして、 #星空の連帯 で、報告し、星の時間を共有しよう

■参加方法

 決まった時間に、空を見上げ星を観察します。
 そして「見えた」「こうだった」「どこそこでは雲ー!(見えないのも観察!)」などをSNSで報告しましょう。

 TwitterそのほかSNSで ハッシュタグ  #星空の連帯 をつけてつぶやいてください。ブログ、WEBサイトなどももちろん歓迎!

星空の連帯の趣旨は、こちらの2分の動画に込めてあります。

hrokada.gif (1451 バイト)【星空の連帯】2020

【星空の連帯】2020年 12月21日(月)午後6時

 20年に1度!<超接近>の「木星と土星」をチェック

午後6時、西南西の低い空を見てください。
双眼鏡があれば、使って見てください。

木星と土星が、抱き合わんばかりに近づいて見えますよ! (イラスト提供:八王子さん)

 明るい星が木星です。そして重なるように土星が見えます。

  この二つが重なるくらいに近くに見えるのは、20年に1度です。23日以降はだんだん離れていきます。

   チェックしたら、#星空の連帯 をつけ、どこそこから見た! と

Twitterやフェイスブック、インスタなどのSNSでつぶやいてください。曇っても、用事があって見られなくても

 残念、見たかった、心の目で見ましたというのもあり、遅刻やフライングもオーケーです。

  自分なりの短い感想を添えるのもステキですね。

   他の人の呟きの、感想をリプライするのもよいと思います。

1分間の「星の時間」を共有しましょう。

詳しい解説は、平塚市博物館の塚田学芸員が作成したポスターを読んでください。なるほどーと思いますよ。

 

 


以下は終了しました。「星の時間」が共有できて嬉しかったです。

【星空の連帯】2020年8月25日 午後9時 「伝統的七夕」の日に、一斉に夜空を見上げよう

昔の暦の計算法で7月7日=七夕にあたる日を「伝統的七夕」と言っています。
毎年、日は変わりますが、今年は2020年8月25日になります。

今回は、伝統的七夕の夜空を見上げましょうという呼びかけです。

#星空の連帯 ハッシュタグで、見上げた結果をSNSなど呟いてください。

当日になっちゃいましたが、今夜の空はこんな感じ。

ベガ=織姫さま アルタイル=彦星さま です。


【星空の連帯】2020年8月17日 「木星をみて、土星もみよう」 観察ガイド